KAERU STUDIO誰でも買える カエルスタジオ


機材紹介

ビジネス用途でライブ配信や収録のためのスタジオ構築を行いたい場合、

  • どんな機材がいいのかわからない
  • 機材の基本的な知識が足りない
  • 業者にお任せしてしまっているので、あまりよくわかっていない
  • 安くて、使える機材を知りたい

これらを解決すべくキバンインターナショナルがパンダスタジオのノウハウをもとに提供しているのが、「カエルスタジオ」です。

月額3万円前後で、会議室が動画撮影・配信スタジオに早変わり!『カエルスタジオパッケージ』 http://kaerustudio.com/ で御社の会議室に届くセットをご紹介します。(カスタマイズ可能です)

▲カエルスタジオ機材セットをご紹介します

▲カエルスタジオ機材セットをご紹介します

▲UStream用のスタジオ運営

▲UStream用のスタジオ運営

2010年10月10日にパンダスタジオをオープンしてから、300番組以上の収録・配信を行うなかで、スタジオのニーズが非常に大きいことに気がつきました。

スタジオ構築にかかる金額を説明するなかで、毎月5万円以下の負担で会議室をスタジオにし、ハイビジョンの映像を作成したり、ユーストリームで配信できるのであれば、導入したいというお客さまがいらっしゃいました。

そこで、2011年の7月に、プレスリリースを配信し、会議室をスタジオにするパッケージの案内をだしたところ、短期間で、7件もの申込みを頂きました。

私たちが発売したスタジオパックについて紹介をします。

▲カエルスタジオのパック

▲カエルスタジオのパック

私たちがパンダスタジオとして、東京、名古屋、京都、大阪、姫路、福岡でご覧のような標準セットを準備して全国展開を計画しています。
自分たちで利用しているスタジオ機材をセットとして、機材の販売、スタジオ運営のノウハウ、eラーニングコンテンツの作成方法などのレクチャー、サポートの費用もすべて含めて、月額4万円程度の費用でスタジオを構築することができます。

では、スタジオセットにどのような機材がふくまれているのか、どのような理由でこの機材を選定したのか説明いたします。

▲Telestream社 Wirecast PRO

▲Telestream社 Wirecast PRO

配信・録画・動画作成ソフト:Telestream社 Wirecast4 Pro推奨理由:字幕、3Dスタジオセット、配信などVR-5の苦手部分をカバーすることができます。

このソフトを利用することで、1つのビデオソースを、Ustream、Livestream、ニコ生などに同時配信することができます。
字幕を入れたり、多彩なエフェクト付のビデオ切り替えができるだけではなく、クロマキー合成機能を使い、3Dのバーチャルスタジオ内で撮影しているような映像をすることができます。

▲ビデオスイッチャー:ローランド

▲ビデオスイッチャー:ローランド

ビデオスイッチャー:ローランド VR-5 推奨理由:すべての接続が1台で可能。

カメラ3台、ビデオプレーヤー(SDカード)、PCの5系統の映像をスイッチして映像制作が可能です。
会議室をスタジオ化できるという確信は、このVR-5があったからです。
全部が1台になっているので、配線がすくなく、設置・設定が、とにかく容易です。

驚きなのは、ビデオスイッチャーだけではなく、オーディオミキサー、ビデオレコーダー、音声・写真・動画のポン出し器など放送に必要な機能が全部1つのパッケージに含まれていることです。

タッチパネルで操作ができて、非常に直感的です。
ピクチャインピクチャもボタン1つで表示、非表示ができ、場所もタッチパネルで自由に設定することができます。

SDカードへの録画だけではなく、ビデオデッキとして、事前に用意しておいた素材を再生するビデオデッキとしても利用ができます。
USBケーブルで接続すれば、Mac、Windowsに関係なく、ドライバーなしで、USBカメラとして認識しますので、ユーストリームやSkypeなどにも利用することができます。

▲ワイヤレスマイク:SONY UHF ワイヤレスマイクロホンパッケージUWP-V1

▲ワイヤレスマイク:SONY UHF ワイヤレスマイクロホンパッケージUWP-V1

ワイヤレスマイク:SONY UHFワイヤレスマイクロホンパッケージUWP-V1推奨理由。
会議室をスタジオとして活用する際、オフィスからの音が気になります。

防音工事を本格的に行うと費用負担が大変と悩んでいましたが、このマイクを活用することで、周りの騒音を拾わず、プレゼンター、出演者の音声を綺麗に収録することができるようになりました。
スタジオで収録をするのは難しいだろうとあきらめかけていましたが、このワイヤレスマイクで行うことができました。

▲マイク+マイクスタンド:BEHRINGER XM8500

▲マイク+マイクスタンド:BEHRINGER XM8500

マイクスタンド:BEHRINGER XM8500推奨理由。
マイクはずいぶん高いものも購入して試行錯誤した結果、このマイクに落ち着きました。
スタンドとセットで5000円程度で購入できます。
指向性が高く、余計な音を拾わないこと。
慣れない出演者がスタッフが落下させたとしても壊れることが皆無。
壊れたとしても買い換えても安いものなので諦めが付きます。
専用のケースが付いていて収納も便利です。
マイクケーブルの高品質のものを購入すると、ケーブルの方が高いぐらいです。

機材の紹介:マイク

マイクといっても様々なマイクがありますが、ここでは、収録や生中継で使うことがある二つのマイクに絞って解説をしています。